節税と裏技

節税対策の深意

節税対策の基本的考え方

1)金額が少ない場合は受贈者を増やせる贈与形態が節税対策として有利となる場合が多いと思われ、金額が張る不動産等の場合は契約条件を弾力的に設定し得る売買形態が有利と思われます。

(2)売買の場合は支払条件を弾力的に決められますがそれだけでは十分ではありません。売主の親が有する買い手の子に対する支払請求債権を相続時精算課税方式で贈与する手法の契約を追加する等の手法を追加的に検討すべきです。

(3)更に売買や相続時精算課税制度の贈与額は時価評価なので相続評価額より不利です。この時価を相続税額並みに下げられるかの検討は欠かせませんが、税理士評価は行政が規制した手法によるため単純評価しか出来ません。そのためには時価を弾力的に評価し得る専門家(能力ある不動産鑑定士)の助けが不可欠です。

(4)相続税の減額には被相続人の財産に負債が過分に含まれることは節税に有利ですので、借金をしてアパ-トを建築することが行われましたが、この借金は経年と共に減額してゆくのです。減額しない手法を検討すべきですが、相続材産を減少させる行為を安直に行うと税務当局から否認されるリスクが大きく「正当な事由」が求められます。

[/caption]

ABOUT ME
012-012
不動産鑑定士、不動産コンサルタント 不動産の評価と節税対策を融合的に考える
子への共同住宅の移転は相続税対策になるか?
「なります。」 移転時期が早いほど節税効果が期待できます。又、借入金が「残っている場合」と「残っていない場合」とでは節税手法が異なります。御相談下さい。メ-ル 012@3.nifty.jp   ☎ 042(667)0509

*スマホの方は画像をクリックすれば電話が掛けられます

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。