節税と裏技

建物移転による節税対策とは

1.相続時精算課税制度の贈与の適用

建物移転の骨子

1.早い時価が有利
銀行から借り入れで共同住宅を建築し、まだ年数が浅いうちは借入残額がかなり残っており不利益なように思えますが、逆に早い時期に対策を採った場合ほど相続税ゼロとなる可能性は高いのです。

2.相当年数が経過し借入金が無くなってしまうと相続税ゼロは容易ではありません。その場合、①親が長生きするか、②子が親に多くの貸付金を出せばゼロになる可能性は高くなります。又、売買や相続時精算課税制度の贈与における評価は「時価」であり、不動産鑑定士の評価が重要です。

3.節税対策は被相続人の状況に拠り手法も異なります。基本はどの状況においても他の相続人との人間関係を重視し、最良の対策を講じることです。相続税が安くなればベストと云うものではありません。

ABOUT ME
012-012
不動産鑑定士、不動産コンサルタント 不動産の評価と節税対策を融合的に考える
子への共同住宅の移転は相続税対策になるか?
「なります。」 移転時期が早いほど節税効果が期待できます。又、借入金が「残っている場合」と「残っていない場合」とでは節税手法が異なります。御相談下さい。メ-ル 012@3.nifty.jp   ☎ 042(667)0509

*スマホの方は画像をクリックすれば電話が掛けられます

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。