共同住宅を子の名義に移す場合の対応

利益を目指す不動産鑑定評価

2.究極の相続税対策

親の負債を放置するやりかた。

資産を減少させるための留意点

(1)親が借りて親が払う
売主(親)の負債を買主(子)が負担するのではなく、親の負債は親が払う条件の取引ならば親の相続資産に借入残額が負債として残ることとなる。
但し、親の借金は相続を経て相続人である子が払うこととなるが、現状の税法では当該負債を相続前に子が負担するか、相続後に負担するかで相続税額が異なる。[
jin-iconbox10]

(2)不動産鑑定士の評価
建物の売買価額を「貸屋及びその敷地」の内訳として不動産鑑定士が評価すれば、相続時の評価に近い額となる可能性があり相続税の納税額に好結果を得るはずである。

 

子への共同住宅の移転は相続税対策になるか?
「なります。」 移転時期が早いほど節税効果が期待できます。又、借入金が「残っている場合」と「残っていない場合」とでは節税手法が異なります。御相談下さい。メ-ル 012@3.nifty.jp   ☎ 042(667)0509

*スマホの方は画像をクリックすれば電話が掛けられます

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。