節税と裏技

庚申鑑定ブログのリンク

親(個人)から子(個人)への賃貸建物移転 (トップページ)

 

業務内容(評価書の活用)

節税対策の深意

相続開始前3年以内の贈与に係る対応

税理士等と不動産鑑定士との評価の違い

実例での試算

建物移転による節税対策とは

共同住宅を子の名義に移す場合の対応

規模の大きな宅地に係る相続税の還付請求と税の減額申告

保険金の受取額を一時所得に変える

役員退職金を保険金で賄う

親(個人)から管理会社(法人)への賃貸建物移転

負担付贈与と売買

取得価額が不明な土地取引

報酬等に係る規定

相続税の事後対策

農地等の贈与税納税猶予

配偶者に対する自宅等の贈与

住宅取得資金の贈与

専任不動産鑑定士の紹介

カテゴリの記事
ABOUT ME
012-012
不動産鑑定士、不動産コンサルタント 不動産の評価と節税対策を融合的に考える
子への共同住宅の移転は相続税対策になるか?
「なります。」 移転時期が早いほど節税効果が期待できます。又、借入金が「残っている場合」と「残っていない場合」とでは節税手法が異なります。御相談下さい。メ-ル 012@3.nifty.jp   ☎ 042(667)0509

*スマホの方は画像をクリックすれば電話が掛けられます

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。