Google Analytics Google AdSense SearchConsole
お勧め記事

高校野球の小さな大投手

再び、高校野球の小さな大投手

Photo_5画像をクリックすれば笠沙高校(廃校)の動画に変わる

平成26年5月下旬、野間岬近から見る笠沙の海は静かに初夏の気配を漂わせていました。小さな大投手が青春を過ごした笠沙高校は廃校となり校舎は既に取り壊され、バス停は「笠沙高校前」から「笠沙高校跡」に変わっていました。

笠沙高校は加世田高校に併合され、付近の高校生はバスで加世田市まで通学することで不便な日々を送っている事と思います。
それでも小さな大投手が高校時代、野球に明け暮れたグランドは道路の反対側に今でも見ることができます。時の流れと共に思い出も薄れてしまいましが、夏の高校野球で甲子園を目指し鹿児島市の(旧)鴨池球場で夕日をを浴びて投げ続けた勇姿が今でも忘れがたく、小さな大投手のふるさとのこの地が私を今でも導いてくれます。因みにその夏は(旧)鴨池球場で、甲子園で活躍し読売巨人軍に入団した鹿児島実業高校の定岡投手が県予選大会で力投した夏頃であったと記憶しています。

笠沙の自然風景紹介画像
1 2