Google Analytics Google AdSense SearchConsole

農地等の贈与税納税猶予

<趣旨及び要件>

贈与税納税猶予の趣旨及び要件

農業を営む者が、営む農地等の一定部分を推定後継者の1人に贈与できる制度。
相続発生まで贈与税を猶予すると共に、贈与税は相続開始と同時に免除されるので結果として推定後継者が当該農地を相続すれば贈与税が免除され、農業経営が確保される。
1. 贈与者は継続して3年以上農業を営んでいること。
2. 受贈者は贈与による農地取得日において18歳以上であること。又、贈与を受けた時点で過去3年以上農業に従事しており、今後も従事する見込みであること。
これらの要件を満たすことの農業委員会発行の証明書面が必要。
3. 農地は贈与者が現に農業を行っている農地で地上権、永小作権、使用借権、賃借権を含む。山林や畜舎は含まれないが、速やかに農業開始できる休耕地は含まれる。
4. 期限内申告であることの他、推定相続人については戸籍謄本等で確認
<留意事項>

推定相続人とは、3年以上農業に従事してきた農業実績者

一定の農地確保のための政策

生産緑地に指定すれば相続税は安くなるが原則、農業従事者の死亡による外、生産緑地の解除はできない
本制度は市街化区域の農地も、一定の農地の確保が不可欠とする政策。

1 2